何度、生まれ、生まれても、
多くの人は暗闇の中から抜け出せないでいます。

 

生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く、

死に死に死に死んで死の終りにくらし。

自分がどこから生まれ、どこへ死んでいくのか、

生まれることはどういうことなのか、死とは何かという一大事を、

多くの人はなおざりにしてあたふたした人生をおくっているのです

(この人生の根本的かつ難しい問題を解く鍵が密教にはあるのです)。

インドでは、個々の私たちの本体(アートマン)が、

身体という乗り物を乗り換えて(何度も生まれ変わって)いると考えました。

輪廻転生です。

仏教も基本的にこの考え方の上にのって理論を展開してきました。

しかし、日本では明治以降に仏教を合理的に解釈する試みがなされました。

輪廻が地獄(苦しみだけの世界)・餓鬼(自分のことだけしか考えない世界)・畜生(本能だけで生きる世界)・修羅(勝ち負けだけで生きる世界)・人(死から逃れることができない世界)・天(人間よりは寿命は長いが、まだ苦楽がある現実世界を離れようとはしない世界)の六つの世界(六道)を巡ることならば、それは「迷いを再生」することでもあります。

一」つまり、私たちは迷いの世界を堂々巡りする懲りない面々、学習能力のない面々だというのです。

戦争(人間同士の喧嘩の大規模なもの)を繰り返す、死ぬのを怖がっさとてる、迷惑かけなければ何をしてもいいと勘違いしている.:.:。

空海は諭します。

そろそろ自分の一生に、宇宙大の世界観、人生観を当てはめてごらんなさい、そして、輪廻から解脱しなさいと。