法要参加の人達に気持ちを清め最澄の前に仏様になった往生人を迎えて、更に声をかけて、お参りするものだと思います。
家族代表は葬式の実際の部分の代表となり大きな役割分担は参列者へのおもてなし、などが存在します。
亡くなった人を弔い葬り去る場が死者を隣に置いての家族の醜い争いの場になりそこで亡くなった人を見送っているのは誰なのだろうか、という気持ちにさせられた事を記憶している。
ご一家・親類と一部の限られた人達限定で連れ添って、さよならが出来る、式事を、「家族葬」と指すようになり、ここにきて、拡がって、きたようです。
奥さんの実家は天台宗でそのお位牌を受託するのですが、愚生の暮らしている近所には黄檗宗の寺が在しないのです。

だいたい病院で亡くなった場合数時間で葬儀屋を決定しそれに加えて当日中に2~3か月分の収入と同額の、買い物をする必要が出てきます。
ひところは通夜は故人の関係深い人たちが夜中故人の傍にいてことが習わしでしたが、現在は訪問者をお迎えして通夜を施工し、数時間以内に閉式するのが大衆的です。
大切な人の危篤を病院の先生から報告されて、家族や自分が会いたい人に、直ぐに連絡を取ってください。
元を正せば死亡した人に贈与される肩書ではなく、仏道修行で鍛錬した、出家者に受け伝えるものでしたが、少し前から、定められた儀式などを、体感した一般の人にも、伝授されるようになっています。
大切だった方と過ごした価値ある時間が重要な現実として受け止め供養することで集結した親族や友達と、悲しい気持ちを感じ合うことによって、心が癒されてされていきます。

火葬に従事する職業は江戸時代から宗教者が人々の中に入り路肩に捨てられた遺体を集め、鎮魂して火葬したことがきっかけとして、『オン坊』と言われたのだろう。
何年もの間使用していた仏壇には損傷や汚れの付着木地の反り金具の損傷、彫刻の破損金箔のはがれ、によって、見た目が悪くなります。
一時は墓石とされるものは物悲しい雰囲気がしていましたが、最近は公園墓地などといった快活なお墓が多数派です。
現在では墓石の制作手法の大きな改良によりフォルムの自由度が、めちゃくちゃ高くなり、オリジナルの墓石を、自らデザインをする事が、出来ることになったわけです。
「葬儀僧侶」と言う言葉も「葬式・法事にしか携わらない僧侶」を揶揄した言い回しだけでなく「葬式に取り組むから穢れている」という内容を指したりもする。