最近坊主は葬儀や法要でお経を読む人というイメージがありますが、古来から宗教者とはお釈迦様の言い伝えや、仏教などを間違いなくわかるように、伝達するのが役割なのです。
家で内輪だけの法事をされる場合戒名だけでなく故人様の名前のほうが胸にくると思うならそれはそれとして問題ないのでは、無いのではないかと考えます。
四十九日の際とは違い将来的に残る品でけっこうだと考えますし地域の慣習等によっても、差がありますので、百貨店などでお問い合わせされるのもデパートなどでお問い合わせされるのも、いいでしょう。
大事だった方が亡くなったことを自身で消化し個人をお参りし集結した親族や友達と、感じあうことが、価値ある葬儀です。
一般的に小生は『法事』といわれていますが、忠実に言うと、坊主にお経を読んでもらうことを「法要」と呼び、法事と宴席も合体した行事を『法事』と言われています。

家族葬には率直な多義はなく家族を真ん中に、友人など故人と縁の深い方が寄合い決別する多少の葬儀式を指すことが多そうです。
死者は釣りが大好きだった故人の話が聞けていたことによってご主人を偲び海のイメージの飾り付けを、ご提言しました。
それにお墓の形状も今では色々と存在し一昔前までは形もほとんど同じでしたが現在では洋風の、お墓が増加中ですし、制限のない形状にする方々も、多くなっています。
妻や子供へのメッセージを通知する手紙として、それから自己のためのデータ清算帳面として、世代に縛られずカジュアルに筆を進める事が可能な、生計の中でも有益なノートです。
昨今では大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから大阪市立瓜破斎場でご説明しています。とも言われるが事実祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を履行する施設全般を示す呼び名であり、通夜葬儀のみ行う建物で大阪平野 瓜破斎場で葬儀をする手順が知りたい、料金が知りたい方はこちらから大阪市立瓜破斎場でご説明しています。と言うようです。

自責の念に駆られない葬儀にするためにもぼんやりでも問題ないのでこういう感じの葬儀にしたいなぁ、といった想像を、することが大切ですのでお勧めします。
お仏壇とは想像できるように仏様言わば如来様をお勤めする壇の事を指し加えて今日この頃は、死亡された肉親や、ご先祖を祀るところという考え方が、常識的になってきました。
大抵の遺族はお葬式を執り行った事がないのでいくらかかるのか不安葬儀屋さんに連絡する前に世間一般の知識を知りたい、と心配になる人が多いそうです。
今日日はお通夜・告別式を実行しない直接火葬して納骨を取り仕切る『直葬』を実施する遺族が増えています。
葬儀式を事前準備する人は遺族の大代表、地元の会長や関係する共同体、会社の人など、信頼のおける人の意見を比べて決めるのがいいと思います。