伝統的に地元密着といった葬儀屋が多いですがこの数年ではお客様の事情に合わせたプランニングの葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)など、独自色の、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)も増えてきました。
この頃宗教者などは葬儀や法要でお経を読む人という心象が強いですが、今まで坊主とはお釈迦様の言葉や、仏教を間違いなくわかりやすく、伝達するのが職責なのです。
一昔前は通夜は故人の近い関係の人が日が昇るまで仏に付き添うのが習慣でしたが、近頃は参列者を参会して通夜を執り行い、2時間程度で完了するのが殆どです。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と言う意味はご不幸のあった家族を指す言葉で喪中の家を関東では『葬家』を使用することも多々あり喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西エリアを主体として、使用される、傾向にあると言えます。
本人・家族・仕事先近隣の方・友人・趣味の範囲をチェックし適応したアドバイスと、納得いただけるプランを、ご提案させていただきます。

同居中の父がある時一人で徐に散歩に外出して毎回葬儀やお墓などのパンフレットを貰って帰宅し色々と楽しそうに聞かせてくれました。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)って最後の生涯を『どんな感じに暮らしたいか』といった願望を形式にすること、ライフの終焉に向けて行動的に用意することで、麗しく暮らす動きです。
「葬式坊主」と言うことも「葬儀・法事だけに携わるお坊さん」をからかった言い方だけでなく「葬儀に取り組むから穢れている」という内容をと言うこともある。
儀礼は何回も体感するわけではありませんので、認識する葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)ががなくて病院が提示してくれた葬儀屋に採用する事があるようです。
大量の僧侶の力によって母は助けてもらえると思ってお参りしたところ母親は餓鬼の不安から逃避でき、これこそがお盆の始まりと考えています。

あるいは万が一の際は生前に相談を、行っていた葬儀業者に葬儀式を依頼することが出来るから、現実にと思われる時もじわじわと策を打つことが難しくありません。
遺族代表は通夜・葬儀・告別式の実務的なところでの窓口となり広範囲の役割として出席者へのおもてなし、などを行うことです。
普通であれば亡くなった方に交付される肩書ではなく、仏道修行で切磋琢磨した、出家者に伝授されるものでしたが、今では、不変の儀式などを、体感した普通の人にも、授けられる事になっているようです。
ポピュラーに私共は『法事』と言うそうですが、正しく言うと、住職に仏典をあげてもらうところを「法要」と言って、法要と宴席も合わせた行事を『法事』と呼んでいます。
ご自宅で内輪だけの法事をされる場合戒名だけでなく亡くなった方のお名前のほうが胸に残るのであればそれはそれで悪くないのでは、無いんじゃないかと思います。