私が喪主となるのは一族の葬儀嫁のお葬式子供の葬儀ぐらいで、父親の葬式も長男じゃないのでならないし、息子の葬儀も先に亡くなると喪主はしないでしょう。
ただし今日この頃は火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)のみや家族葬を選択する家族が増えましたから終の日々は想い出の場所でと、自宅を希望される人も増加中です。
筆者らしい死に際を迎えるために母が健康を損ねたり出来事で病気や障害で宣言出来なくなっても死に目までおじいちゃんの願いを重んじた治療します。
ご一家・親類と厳選された人達限定で収集して、見送る、祭礼を、「家族葬」と見なされるようになり、この数年で、身近になって、きたようです。
仏の意思を受け身内だけで葬儀を終わらせたところお見送りの場に参列できなかった人が、お参りしたいと頻繁に自宅へ、くるようになりました。

葬式と告別式とは従来別のもので仏教のお葬式では先ず初めに宗教者による読経等々行い、その後に告別式、主に喪主による故人とお別れする会が、執り行われます。
長い時間利用されていた仏壇にはキズや汚れのへばり付き木地の反り金具の損傷、彫刻の破損金箔のはがれ、などで、外観が悪くなります。
典礼は何べんも実現することだとは言えないので、把握している葬儀屋ががなくて病院で教えてもらった葬儀屋にお願いする事がよく起きているようです。
葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)というものは葬儀に重要な支度を段取りし葬儀を実施する役割を、任される仕事を行う人達で、葬儀を任される仕事や、その事に従事する人の事を指します。
哀悼スペースに訪問した訪問者の人々が酒が趣味の○○さんはよく召し上がっていたなぁ、と語られるのをきいて、奥様は驚かれていました。

そもそもお通夜に喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)代表の挨拶はないのですが、近頃はお通夜に列席者が増加しており、お礼することも多くなったといわれています。
ご自宅で内輪だけの法事をされるケースだと戒名でなく亡くなられた方の名称のほうが心に残ると思うならそれでも問題ないのでは、無いかといえます。
家族の希望を表してくれるのは要はお客様本位である葬儀業者だと思いますしこんな感じの葬儀屋さんは、ほとんどの場合、他の要素も。優れたはずです。
仮に人から聞いたような書籍に書かれているようなここがオススメとされる場所にしてもいつもお参りできない、みたいな場所では、無意味でしょう効果がないと思われます。
悔いることのない葬式だと思うためにも漠然としていても良いのでこういう見送りにして欲しいなぁ、という事前情報を、することが大切なことだといえます。