法要参加の人達に気持ちを静め親鸞の御前に仏になられた亡き者を迎えて、再度声をかけて、お参りするものだと思います。
一般の人々はご家族の背後に席をとり訪問された方から順にご家族の背中側に座って、くだされば、滑らかに手引きできます。
通常当方は『法事』といわれていますが、シビアに言うと、坊主に仏典をあげて頂くところを「法要」と呼び、法事と宴席も含んだ仏事を『法事』と呼びます。
往生者の気持ちを受けて身内だけで葬儀を終わらせたところ出棺の儀に参列できなかった人が、お参りに頻繁に自宅へ、訪問されます。
この時まで葬式文化を中継としてお寺と大衆は首の皮一枚で繋がりを持ってきたが、その葬儀においても、行事離れが始まった。

無宗教のお見送りの際は自由気ままな一方でそこそこの台本を構築する、事例もあり、ご要望や気持ちをもとに、お見送りの会を作り上げる、流れが基本です。
ご家族の要望を映し出してくれるのは要は業者本意ではない葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)だといえますしそんな業者さんは、おそらく、違う部分も。申し分ないはずです。
終の家屋で身内だけで法事をするケースは戒名だけでなく故人様の名前のほうが胸の中に残るとしたらそれでも結構なのでは、無いだろうといえます。
このところ墓石の製造技術の甚大な向上によりデザインの柔軟度が、とっても高くなり、自らのお墓を、自分で構想する事が、可能になったのです。
一昔前まで親族の人で執り行うことがポピュラーだった通俗的だった遺品処理ですが、あたふたしたり、遺品整理する場所が遠距離だったり、近親者の力では賄えないのが問題です。

また想像していないケースの時は生前相談を、されていた葬儀屋に葬儀を頼むことが出来てしまうので、予定通りと感じた時も少しずつ応じることができるはずです。
ひところは通夜は故人と仲の良い人が徹夜で仏の横で見取ることが慣習でしたが、近年は参列者を参会して通夜を執り行い、2時間程度で完結するのがだいたいです。
仮に他人から耳にしたような書物に記されているみたいなここが良いとされる位置にしても常日頃お参りできない、みたいな配置では、無意味だと考えられます効果がないと思われます。
哀悼スペースに足を向けた参列者の面々がご主人の○○さんはお酒好きでよく一緒に飲みました、と呟いていて、ご家族は驚きました。
子供の頃にお父ちゃんを亡失したから祭祀は知識が少なくて、そして話を聞く親戚もいないため、七回忌といっても何を行えばいいのかわからないです。