葬儀式を準備する人は遺族の代表者、地域の代表や関係する派閥、オフィスの人など、詳しい人の意見を比べて決めるのがいいと思います。
お別れの時ではみんなにより棺桶のなかにお好きな花などを供えて、故人との末期の別れを行ってもらい、火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場へ出かけます。
ご家族・親戚と一部の限られた皆さんのみを誘って、さよならが出来る、儀式を、「家族葬」と評されるようになり、近頃、身近になって、こられたそうです。
父親に家財がないから贈与は関わりない、吾輩は何も授かる腹構えはございませんので財産相続は関係ない、と判断違いをする者が数多くおられるそうです。
病院でお亡くなりになったケースだと2~3時間で葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)を決定しそれに加えて当日に2~3か月分の金額の、買い物をする必要が出てきます。

葬式にこだわりなんかと不思議に思うかもしれませんが葬儀を想像する場合には何に関心を持つべきか、という意味です。
浄土真宗ではいずれの仏様をご本尊様と言っても一切合切菩薩に関係すると考えた教えだと言っていますが、死者宅で葬式を葬式をするときは、ご本尊様としてお軸が使われています。
一昔前は通夜式は故人と親しい人たちが夜明けまで仏に寄り添うというのが習慣でしたが、現在は訪問者をお迎えして通夜を施工し、数時間以内に完結するのが通常です。
人知れずひっそりと葬儀を考えていながらもゴージャスな飾り付けや高価な祭壇を進められる場合は、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の考え方が、あいません。
家族葬勉強会や終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)勉強会や斎場見学会などをしていますから、手始めにそういうのに伺ってみることを工作しています。

斎場とは古の時は神道用語であり祭礼・儀典を行う場所を定義しましたが、最近では、変わって集中的に葬儀式を執り行うことが可能な施設を斎場と言います。
聖人の教えを仲立ちして日頃の障害を善処したり、幸せを望む、あるいは、お釈迦様を通してご先祖様の供養をするのが仏壇の役目です。
一日葬(ワンデーセレモニー)とは本来は前夜に通夜式の法要を行い、翌日に葬儀と二日またいで実施されるお葬式を、お通夜(通夜式ともいいます。近親者だけで仮通夜として過ごし、翌日に弔問客を受ける本通夜を行う場合もあります)とは古来は前夜に通夜式の法要を行い、次の日にお葬式と二日間行われるお葬式を、通夜式をしないで一日で完成する葬儀の流れです。
通夜は過去は遺族が終夜仏に付き添うものだったが、昨今では夜半に終える半通夜がジェネラルです。
元は亡くなった人に授与される呼び方とは違い、仏道修行を行った、出家者に示教するものでしたが、近年では、いくらかの儀式などを、受けた普通の人にも、伝授されることになっているようです。