一緒に住んでいる父さんが独りである日ふらっと散歩に出向いて定期的にお葬式やお墓関連のチラシを持って帰宅し色々と話を聞かせてくれました。
大抵の参列者はご家族の背後に座り到着された方から順番にご遺族の背中側に座って、もらえますと、自然に案内できます。
往生人のスペースの始末清掃作業、残品の事後処理とかの遺品生理は、長年近親の方の先駆するのが通常でした。
素敵な葬儀とはお別れに専念できる葬儀のことで躊躇うことなく無事に葬式を完了することができ、最後のサヨナラを行うことが、良い葬儀だと言えそうです。
お葬式にこだわりといったような不思議に思うかもしれませんがお葬式を想定する場合にはどういうところを優先するべきか、という問題です。

火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)に相当する仕事がらの人は何百年前から宗教者が民間の中に入り道端に見捨てられた遺体を集め、慰霊して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)したことがきっかけとして、僧侶と呼ばれたのだろう。
葬儀のパターンや実施するべきポイントは葬儀業者が教えてくれますし喪主のお礼の言葉もテンプレートが存在するので、それを少し喪主の言葉をプラスして話せばいいのです。
穏やかにこじんまりと葬式を考えていたのにも関わらず派手な祭壇や華美な演出を提案されるケースは、葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)の考え方が、合わないということです。
名を惜しむ人が死んだことを認めた上で故人の霊を供養して共に集った親族・友人と、その悲しみの共感する事で、価値ある葬儀です。
一昔前まで親族の人で施工することが一般だった民衆的だった遺品処理ですが、てんやわんやだったり、遺品整理する家が遠かったり、遺族ではできないのが現状です。

実際的に参列した人を数人くらいお願いしてどんだけのスケールの葬儀をするのかを決定したり、故人の思いなどを配慮して、どんな感じの葬儀にするかを委託します。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)というのは次の終生を『後悔しない生き方をしたいか』と考えられる望みを実行すること、生涯の終わりにおいてエネルギッシュに計画することで、素晴らしい暮らす動きです。
寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)と交わりがなく通夜の時に葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)に坊主を介して頂く場合は、布施の金額はいくら出金すればいいのか心もとないので、警戒心を偲ばせる人も多いようです。
壮大な祭壇たくさんのお坊さん無数の会葬者を集めたお見送りの儀式でも、冷え冷えとした空気しか感じられない葬儀も存在するし、歴史のある寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)にとてつもないお墓を建てようが、お墓供養をする人がそんなにいない墓石もある。
失敗しない葬式だったと思えるようにも漠然としていて問題ないのでこういう見送りにして欲しいなぁ、といった感覚を、持つことが大切ですからお勧めです。