良妻の老母は浄土真宗でお位牌を預け入れるのですが、僕の在住傍には時宗の寺がないのです。
喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)と呼ばれるのはご不幸のあった家の人達を指す言葉で喪中の家族を東日本では『葬家』という事も多く喪家(そうけ・そうか・もけ、といいます。喪家とは、ご不幸のあった家を指す言葉です。喪中の家を関東では「葬家」を用いることも多く、喪家は関西地域を中心に使われる傾向があります)は関西地域を主体として、選択される、傾向にあるようです。
往生人の考え方を尊重し身内だけで葬儀を終わらせたところお通夜・葬儀告別式に故人をしのび故人に手を合わせ、お参りにちょくちょく自宅に、訪れてくれます。
満中陰の法事まで役立てることが人並みでお通夜とかお葬式に列席出来なかった友人や知り合いが、手を合わせに訪れた場合には、後飾り祭壇でお参り供養してもらいます。
四十九日(満中陰法要ともいいます。故人が亡くなって49日目には四十九日法要を行います。この法要は、式場の手配や本位牌の用意など事前に準備しておくことが多く、スケジュールをしっかりと把握しておく必要があります)法要の時とは全く違って将来的に残る品で大丈夫ですし住んでいる場所の風習等によっても、異なりますので、仏具店などでお問い合わせされるのも仏具店などでご相談してみるのも、良いかと思います。

法要参列の方々に気持ちを洗い仏様の前面に仏になられた亡き人を迎えて、あらたまって言葉をかけて、供養するものだと思います。
「葬儀僧侶」と言う言葉も「葬式・法事にしか携わらない僧侶」を例えてみただけでなく「葬式に携わるから穢れている」という主旨をいったりもする。
リアルな説明がない『家族葬』という呼称ですが、第一に家族や近しい人を中枢としたちょっとの人の葬儀の呼び名として利用しています。
家族葬には目に見えた同義はなく親族を主体に、地域の方など故人と仲の良い人が呼び集まり決別する多少の葬式を言うことがだいたいです。
仏事や祭祀からさまざまなお手続き生活に影響を及ぼすサポートまで何から何まで受け入れされていただいているほかご家族の心のケアにも、推し進めております。

今どきは斎場と言われていますが事実祭祀儀礼を執行する場所および、祭祀儀礼を遂行する建物全般を指摘する言い方であり、通夜葬儀のみ行う施設で斎場と言うようです。
火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)に従事する職業は大正から宗教者が人々の中に入り込み道端に捨てられた死体を収集し、供養して火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)したことが要因として、『オン坊』と呼ばれるようになったのだろう。
『終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)』と呼ばれるのは雰囲気のままラストライフの終わり方のセミナーなどであり、老後ライフを更に得するすべくその前に準備していようと思っている取り組みを指します。
葬儀式の会場から弔辞をお願いしたい人に至る全て、要望があれば極小のことまで記載することが出来るのがエンディングノートのやりがいでもあると思います。
ですから弔辞を述べる本人にするとナーバスになるものですから式進行に組み込むのであれば、早めに申し込んで、承諾を得るように動きましょう。