関係のある僧が覚えがない、己の家門の宗旨宗派が記憶がない方は、手始めに本家や親類に問い合わせるのがいいですね。
葬式にこだわりなんかと驚きだと思うかもしれませんがそれは葬儀を考えるうえで何を重要視するべきか、ということなのです。
元来は死亡した人に交付される呼び名ではなく、仏道修行で精錬した、出家者に伝える物でしたが、少し前から、決められた儀式などを、実感した普通の人にも、渡されるようになっています。
法要参加の人達に心を浄化し菩薩の顔先に仏様になった亡き人をお迎えし、再度声をかけて、お祈りをするものだと思っています。
想いの強い人間が死んだ現実を真摯に受けとめ故人を祀り共に集った親族・友人と、悲しみを分かち合うことで、心がケアされていくのです。

仏のお参りをする人が亡くなってしまうとか家族、の代行者として、菩提寺(先祖のお墓があるお寺または法事・法要に供養をしてくれるお寺)の僧侶に連絡を取り、亡くなった故人の命日に、契約した年数、供養を実施していただく事、永代供養と呼んでいます。
斎場とは古の時は神道の用語であり祭事・儀式を行う場所を意味を持ちましたが、昨今では、転じて重点的に葬儀式を行うことが望める施設を言います。
家族代表は葬儀の実務的なところでの窓口となり広範囲の役割としてご参加いただいた方への挨拶、をします。
お葬式は寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の宗教者が授戒(仏門に入る方に戒律を授けること)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う仏事行事で、原則的には家族のみが参列されていました。
忌明けの法要まで用いることが当たり前おいてお通夜とかお葬式に参列出来なかった友や知り合いが、手を合わせに訪れた場合には、ここでお参り供養してもらいます。

初の葬儀を進行する方は恐怖が増大すると思いますが葬儀式は一生で何回も敢行するものでもないから、往々の方はアマチュアです。
病院でお亡くなりになったケースだと2~3時間で葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。また、葬儀を行う仕事やそれに就業する人のことを指します。葬儀や葬祭を執り行う際には、公的な資格や免許はありません。誰でも葬儀社を始めることができます)を決定しそれに加えて当日内に2~3か月分の収入と同じ金額の、買い物をしないとなりません。
通夜は一昔前は身内や近しい人が明晩仏に寄り添うのがいっぱんてきだったが、今日では半夜で終わる半通夜が普遍的です。
この年まで冠婚葬祭業界をコネクトに僧侶と大衆はギリギリで繋がりを持ってきたが、その葬儀においても、仏教離れが進行した。
家族葬勉強会や終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)セミナーや葬儀式場内覧会などをしているから、手始めにそれらに参会することをおすすめしております。