三具足

仏壇に最低なくてはならない仏具は、「花立て」(花瓶)、「燭台」(ローソク立て)、それに「香炉」(線香立て)である。

これを「三具足」という。

これの配置は、向かって右に燭台、中央に香炉、左に花立ての順である。

三具足より、さらにていねいにする場合は「五具足」という飾り方もある。

これは、香炉のほかに、燭台を二つ、花立ても二つにするものである。

この場合の配置は、中央に香炉を置き、その両側に一対の燭台、さらにその両側に一対の花立てを置く。

各宗派とも、ふだんは三具足を用い、法事などの正式なときには五具足を配置することが多いようだ。

香炉は、金属製と陶製とがある。

金属製のものは種火を入れて抹香で焼香するのに使い、陶製のものは線香を立てるのに用いる。

耳つきの香炉の場合は、耳が左右になるように、三つ足のものはその一本が手前になるように置く。

花を供える場合は、花が手前を向くように、つまり礼拝する人に向けて飾る。

大型の仏壇の場合、「上卓」といって、花や燭台を置く段が二段構造になっているものがあるが、この場合は上段の花立てに楠などの青木を飾っていることが多い。

なお、この「香」「灯明」「花」に、「浄水」「飲食」を加えて「五供」ともいい、お供えの基本要素とされている。

 

茶湯器

お茶やお湯差看水を供えるための用具を一茶湯器」といりその日いちばんに入れた茶湯、また朝の水を捧げる。

仏前に供える浄水は、正式には「閲伽」という。

サンスクリット語の〃アルガ〃を音訳したもので、「功徳水」と意訳される。

一度仏前に供えた浄水は粗末にしないで、庭の植物などに注いでやるのがよいとされている。

なお、浄土真宗では、仏壇に水やお茶はあげない。

仏飯器

毎朝、炊きたてのご飯を仏壇に供えるための容器である。

「仏飯」のことを「お仏供」とも「仏帥」ともいう。

ご飯の盛り方は、こんもりと山形になるように盛る。

「お下がり」は捨てないで、庭に置いて野鳥たちの餌にするとか、

蒸したりお茶づけにしたりして、家族でいただいてもよい。

 

最近は朝食にご飯を炊かず、パン食という家庭も増えているが、その場合には、

パンを小さく切って仏飯器に入れて供えればよい。